インナードライ肌

顔の肌荒れ対策〜インナードライ肌〜

以前まで、顔の肌質は「普通肌・乾燥肌・脂性肌・混合肌」の4つに分類されるのが一般的でした。しかし実際にこの4つで対応するには無理が生じてきて登場したのが「インナードライ肌」です。そして実はこのインナードライ肌は非常に多い肌質といわれています。

脂浮きがあったり毛穴が開いた状態から判断して脂性肌向きの肌荒れ対策をしてもさっぱり改善されない、などのトラブルが特徴です。または、夏は顔のテカリやべたつきに悩むのに、冬は乾燥が悩みで…というような具合ですね。

[link]育毛シャンプー比較 神戸クリニック 札幌 レーシック 茶のしずく 口コミ 茶のしずく 口コミ

このような状態に思い当たる人は、正しい肌荒れ対策をとりましょう

このような状態に思い当たる人は、正しい肌荒れ対策をとるためにも化粧品売り場などで油分と水分のチェックをしてもらうとよいでしょう。肌の深部の水分が少なく、表皮の脂分が異常に多いとなれば、肌の深部が水分不足のため、肌のバリア機能が働いてこれ以上の水分を失わないために肌表面に脂分を多く出す、という状態です。

インナードライ肌であるとわかったら、まずは保湿に努める肌荒れ対策をとります。顔を洗った後は化粧水をたっぷりと肌にしみこませます。

次は時間をおかずに乳液などで肌表面を覆います。これで肌に充分にしみこませた水分を逃げないように蓋をするというイメージで乳液をつけます。ただし乳液などは全体に薄くつける程度で大丈夫です。あくまで蓋のイメージです。

[link]韓国旅行 激安 FXスキャルピング おすすめ業者 fx スキャル 業者比較 約定能力 比較 FXトレーディングシステムズ 評判

リンク

inserted by FC2 system